小金井市議会議員・防災士 【 小林まさき オフィシャルサイト】

現場にまっさき「小林まさき (小林正樹)」のサイト

TEL.

070-6947-6078/〒184-0005 東京都小金井市桜町1-9-29-101

議会活動

『まっさき通信』Vol.88号が完成しました!

令和二年第二回定例会の内容を中心とした、『まっさき通信』Vol.88号が完成しました!
早速、皆様のもとへお届けにあがります。

学生等への自転車駐車場定期利用料が補助されます

市内の学生さんのお声が実現しました。

通学のために定期契約したのにも関わらず、新型コロナウイルス緊急対策による学校休校のために利用できなかった学生さんのお声をいただき、すぐに市へその声をお届けしました。

様々ご検討をいただいた結果、市内在住の学生さんに、市内外(都内)で利用している駐輪場の定期利用料(令和2年4月、5月分)が補助されることになりました。

詳細は市のホームページか市報こがねい(7/1号)をご覧ください。

第2回定例会が閉会。他市並の議員定数に削減を求める請願は否決

おはようございます。

昨夜(23日23時過ぎ)令和2年第2回定例会が閉会し全ての会議を終えました。

今定例会では、主に国や都で制度化した補助金を活用した新型コロナウィルス感染症対策が盛り込まれた第4回までの補正予算が提案され可決されました。その中には国が進めるGIGAスクール構想を実現する小中学校に一人一台のタブレット端末を整備する予算なども含まれています。(既に契約議案も可決しており、9月末の納品を目指しています。)

市の独自施策としては、小金井宮地楽器ホール使用料補助、PCRセンター事業補助金、ひとり親世帯に対する臨時特別給付金や、学生支援として学校休校中の駐輪場利用料金を二カ月分補助する施策など我々が求めてきた政策なども盛り込まれております。多くの皆さんの下へ施策が届くことを願い、私もお伝えして参りたいと思います。

また、最終日にはその他多くの議案・請願・陳情・意見書・決議の採決が行われ課題の残る形となりました。ポイントとなるものをピックアップしてご報告申し上げます。

(以前掲載いたしました。一般質問の質疑はこちらからご覧いただけます。)

小金井市議会の議員定数の削減を求める請願書

議員定数削減請願

  • 議員定数を他市並みに2名削減することを願う市民の方からの請願書(署名約280筆)。今後の活動も注視し協力して参りたいと思います。
  • 否決 下記のリンクから反対討論もご覧いただけます。/※五十嵐議長は採決に加わらず。
  • 【賛成10】小林、宮下、、渡辺ふき子、湯沢、遠藤、吹春、清水、渡辺大三、篠原
  • 【反対13】鈴木、村山、岸田、沖浦、板倉、水上、田湯、斉藤、片山、白井、水谷、坂井田頭

小金井市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の特例に関する条例

議員報酬に関する条例

  • 新型コロナウィルス感染拡大による市民生活への影響を鑑み、7月の議員報酬の20%減額を提案するもの。
  • 可決 ※五十嵐議長は採決に加わらず。
  • 【賛成18】小林、宮下、紀、渡辺ふき子、湯沢、遠藤、吹春、清水、渡辺大三、鈴木、村山、岸田、沖浦、片山、白井、水谷、坂井、田頭
  • 【反対1】斉藤
  • 【退席4】板倉、水上、田湯、篠原

(さらに…)

全力で皆さんのお声を聴いて参ります

今週末はチラシ配布解禁🤗「公明こがねい臨時号」と「経営者の皆様へのコロナウィルス影響調査」をお渡ししながら、三密に配慮しながらお話を伺わせて頂きました。購入した新作の麻のマスク着用でしたが、腕はこんがり🔥

アフターコロナを見据えて質問をしました

本日一般質問を行い、アフターコロナ時代における課題について大きく二点に絞り質問させていただきました🤗何れも前向きにご答弁をいただけたものと考えます。

詳しくは、後日HPで発信させていただきますが、こちらから動画でご覧いただけます。

①情報発信のあり方の検討について

  • 「防災情報サービス」ラジオは、現在のJアラートや防災行政無線の内容以外にも、市政の重要情報も発信できるようにし、助成を行い普及させるなど、情報格差を解消すべき。
  • 手話や多言語通訳ができるタブレット端末が4代あるが、市民の方が、どの部署でもスムーズに使えるよう運用ルールを整理し、入口で周知しないか。
  • 他市を参考に、ホームページをより見やすくしないか。
  • ホームページの重要発信に手話動画(日野市や武蔵野市を参考に)を付けないか。

②「複合災害」での感染症対策について

  • 避難所での「三密防止」に対する、マニュアル・備蓄などの見直しをしないか。
  • 年二回の「防災だより」の発行で感染症対策を含む防災意識について周知しないか。

コロナ禍での定例会が開会

本日より定例会がスタートしました。

飛沫防止対策も万全です。本会議場の入室は開会宣言と採決時以外は、原則2人に1人です🤗

「議案第28号一般会計補正予算(第二回)」について、ICT整備関連事業(小中学校で一人一台のPC整備予算)・事業継続支給給付金事業を中心に質疑しました。 https://youtu.be/Bv9XMp5Ua7Y?t=5527

 

コロナ対策全員協議会が開催

小金井市議会全員協議会が開催され「小金井市緊急対応方針(第2弾)」について説明があり、私が要望を重ねてきた点も多く反映されていますので、その中からいくつかピックアップしてお伝えさせていただきます。基本的には、この中で予算を伴う内容は6月1日から開催される定例議会に補正予算が上程され審査・議決後の実施となります。

子育て世帯等への支援

  • ひとり親世帯への市独自の支援策として、児童扶養手当の受給者に対し、臨時・特別の給付措置。
  • 妊婦の方々への更なる支援強化としてタクシー乗車に利用できる商品券の配布など。

市内事業者の資金繰りの支援

  • 売上げが減少している市内事業者を対象とした固定費の負担軽減等による市独自の事業継続支援。

市立小・中学校の学習支援

  • インターネット環境の無いご家庭にPCおよびネット環境の貸出し(中3、小6を優先措置)
  • 児童生徒一人につき1台ずつ教育用パーソナルコンピューターの配備及びこれに伴う各学校の情報通信環境の整備。

自転車駐車場「学生」定期利用者への支援策

  • 臨時休校の影響により自転車駐車場を利用しない状況を踏まえた支援策。

その他

  • 5/20より公民館の印刷機・コピー機の利用に限り再開しました。[詳細]
  • 5/25以降の「学校再開に向けてのスケジュール」が示されました。[詳細]
  • 6/1から新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急雇用が開始されます。[詳細]

発熱外来・PCRセンターについて報告がありました。

PCR検査センターについては、府中市、国分寺市、国立市及び本市の4市医師会が設置・運営を行い、間もなく5月中の開設を予定しています。市では、感染防護衣、搬送用自動車の準備、医師等の執務費補助等、PCR検査に係る総合的な支援を行います。

  • 発熱外来やPCR検査については「(きらきら)いきなり行っても受診はできません」かかりつけ医により、近隣市の病院の発熱外来および検査センターを紹介していただきます。かかりつけ医が無い方は、地域の医院や多摩府中保健所((携帯)042-362-2334)にまずはご連絡をしてください。
  • 設置場所については「多摩総合医療センター(府中市)」との一部報道もございますが、混乱を避ける為、現時点において小金井市からの発表はありませんでした。

小林まさきは三密回避の為、控室で傍聴し待機しております。

コロナ禍が及ぼす庁舎建設への影響は

庁舎及び福祉会館建設等調査特別委員会》が三密を回避して開催されました🤗

小林🎙)庁舎福祉会館建設におけるコロナ禍の影響について庁内で検討会議は開かれたのでしょうか。今後、「コロナの影響を踏まえた財政フレーム」(将来にわたる歳入と歳出の見込額を算出して中長期的な計画の財源的裏づけをするものです。)を早期に示して市民の理解を得ながら進めるべきではないでしょうか。

市長🎙)まだ検討会議は開催していない。やりながら考えたい。財政フレームの早期提出はご意見として承り庁内で検討したい。しかし実施設計は進めたい。

詳しくはこちらの動画をご覧ください。 41:15 – 54:30 (13 min)

私もこれまで新庁舎福祉会館建設については、建設的な意見を述べて参りましたが、3月議会では、コロナ禍の影響を見て立ち止まることも必要と発言させて頂きました。コロナの影響に関しては、当時の想像を遥かに超える現状となっている。先決で予算執行されている施策は国の10/10補助事業のみです。未だ学校も再開出来ず、店舗経営や生活の先行きが見通せなく不安な市民の方々が多い中で、6月定例会で総事業費と財政フレームと合わせて示し丁寧に説明をし、市民の理解をいただきながら進めるのがベストではないでしょうか。

「コロナ対策緊急要望 第5弾」を提出

日々、新型コロナウィルス感染症対策に最前線で奮闘されている、医療関係者の皆さま、それを支えるライフラインや保育・介護、運送などに携わるすべての皆様に心より感謝申し上げます。

本日は政府において、「緊急事態宣言の一部解除」が宣言されますが、東京都においては、今暫くの辛抱となりそうです。

市議会公明党は朝一で「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望」第五弾(本年度の施策展開/事業者支援/小中学校授業支援/公共施設の段階的利用/災害対策など)を市長・教育長宛てに提出させていただきました。

今後も皆様の様々なご意見ご要望を伺っておりますので、気兼ねなくご連絡ください。こちらの問合せフォームからもお受けしております。

特別定額給付金の特例措置が開始

本日、午前中はzoomによるオンライン会議で、四者協議(正副議長、議会運営委員会正副委員長および事務局)に参加しました。課題は山積ですが、議会も変化を恐れることなくコロナに負けずに前に進まなくてはなりません😊

また本日は、特別定額給付金(10万円給付)の特にお困りの方に向けた、特例措置(ダウンロード版申請書)申請が期間限定でスタートいたしましたが、パソコンなど環境が整っていないお困りの方も多いため、数名の方々に印刷して書面をお届けさせていただきました。

 

「コロナ対策緊急要望 第3・4弾」を提出

日々、新型コロナウィルス感染症対策に最前線で奮闘されている、医療関係者の皆さま、それを支えるライフラインや保育・介護、運送などに携わるすべての皆様に心より感謝申し上げます。

本日は国会において、「特別定額給付金」を含む補正予算が成立予定です。

市議会公明党は朝一で「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望」第三弾(就学援助認定世帯に対する給食費支給)および第四弾(特別定額給付金の支給について)を市長・教育長宛てに提出させていただきました。

今後も皆様の様々なご意見ご要望を伺っておりますので、気兼ねなくご連絡ください。こちらの問合せフォームからもお受けしております。

 

議会運営委員会協議会を開催

本日、三密を最大限避けた形で、今後の 議会運営 について協議をさせていただきました。
 
不要不急の外出は控えなくてはなりませんが、市民生活を支援する為にも、議会開催を避けられないケースがあります。そのため、どのような対応ができるか検討が求められました。
 
傍聴に関するご協力のお願いや、本会議では議決時を除き、国会や都議会にならい、定足数ギリギリの入室制限(他の議員は別室で傍聴・待機)を行うことなどを確認しました。