小金井市議会議員 【 小林まさき オフィシャルサイト】

現場にまっさき「小林まさき (小林正樹)」のサイト

TEL.

070-6947-6078/〒184-0005 東京都小金井市桜町1-9-29-101

議会活動

高度・急性期医療センターを視察

この一週間で9956人の方が熱中症で救急搬送されたとの報道もありましたが、本日も大変に暑い一日となりました。皆さんくれぐれもご自愛ください。

高度・急性期医療センター「公立昭和病院」構成市の議員希望者による、施設見学会がありました。医療の現場は日進月歩であります。私も、数年に一度は必ず出席させていただいております。

公立昭和病院は、高度専門医療と救急医療を提供する「急性期病院」として、予防から治療までを担う「がん拠点病院」として、心強い存在であります。

今日は、放射線科の先生による「CTガイド下生検・ドレナージ」について講演をいただいた後に、救急救命センターや、人間ドック学会認定の検診センター、SPECT-CT装置、オペ室などを見学させていただきました。

今後、2025年の超高齢化社会が問題視されていますが、将来的には2040年がピークになります。具体的には、お亡くなりになる病床が圧倒的に足りなくなるといった課題が発生します。そのため、急性期病院とは適切にお付き合いしながら、住み慣れたまちで安心して暮らしていただくための地域連携(地域包括ケアシステム)の構築がまったなしとなります。公立病院としては、地域医療の底上げやネットワークづくりの中核として力を発揮していただきたいと思います。

「子ども食堂推進連絡会」がスタートしました!

先日の一般質問で提案させていただいた、「子ども食堂推進連絡会」が7月6日、小金井市社会福祉協議会を中心に、行政、4つの実施団体、1つの検討中の団体を加えてスタートいたしました。

全ての子ども食堂が一堂に会して情報交換できる事はもちろん、希望する団体には東京都から活動補助金を取得していただけるための前提になる連絡会です。担当の職員の方や、社会福祉協議会の皆様の迅速な御対応に感謝申し上げます。貧困に苦しむ子ども達はもちろんの事、顔の見える地域づくりの一助になればと考えます。

今後も、フードバング事業の拡充も推進しながら、「子ども食堂推進連絡会」の活動に注視して参りたいと思います。

公共施設の保全計画について藤井寺市さんを視察

初日、視察予定だった兵庫県豊岡市さんは、西日本豪雨の影響で、視察を断念する結果となりました。二日目については、大変にお忙しいところ、藤井寺市さんに快く視察をお引き受けいただき、大変に有意義な内容となりました。

庁舎建設予定地を議員有志で視察

定例会の熱気も冷めやらぬ中ではありますが、気分を変えて現場に出ております。

特別委員会委員を中心にした議員有志で庁舎建設予定地を視察をいたしました。議論をしていても、清掃関連施設などスケール間がピンとこないところもありましたが、実際に現場を見ると発見できる事もあります。今後の合意形成に活かしていければと考えます。

視察後は、時間短縮・働き方改革!議会報編集委員会紙面改革部会の会議をその場で実施させていただきました。青空会議はとても効率がよいですね。

 

補正予算が付帯決議をつけて可決となりました。

本日、最終本会議が終了しました。

100億円を超えるとされる、100年に一度の大事業である庁舎・福祉会館建設をスタートさせる、基本設計に関する予算項目については、市の基本的な事項が決定していない中、あまりにもずさんな提案だと言わざるを得ないものでした。課題を解決し、市民生活を前に進めるために質疑の中で、いくつかの要望をおこない、再検討を約束していただきました。その上で、付帯決議(賛成するにあたり予算執行についての意見や要望などを表明するもの)を付して、庁舎・福祉会館建設に係る予算案に賛成をさせていただきました。お時間ございましたら討論をご一読ください。


こちらは討論です。http://kobamasa.net/?question=30-2-touron
こちらは動画です。 https://youtu.be/j-hvK4KF5eU?t=21m42s

議会予備日は最も忙しい一日です。

本日、議会予備日。小金井市議会は予備日が最も慌ただしい一日となります。

総務企画委員会も積み残し議案の質疑及び採決を行いました。予算委員会は提案側の調整のため質疑に入れず、最終日に持越しとなりました。

「通学路の安全総点検」等を要望しました。

市長・教育長に対し「通学路の安全総点検を求める要望書」を提出させていただきました。6月18日(月)朝、大阪府北部で震度6弱を観測した地震が発生し、大阪府高槻市で通学中の小学生が、小学校のブロック塀が倒れ下敷きになり亡くなるという悲惨な事故が起きました。小金井市においても早急な安全対策が求められる事から提出したものです。

要望書の内容は以下の項目です。

一. 全市立小中学校の通学路の老朽化した建物や塀等の総点検を実施すること
一. 全市立小中学校の非構造部材の耐震化を早急に完了させること
一. 路面下空洞化調査を加速させること
一. 総点検の結果において、課題がある箇所については、必要な予算措置をして、早急に対策を講じること

一般質問を終えました。

本日、一般質問を終えましたので、ダイジェストでご報告いたします。
※詳細は、後日掲載させていただきます。
https://youtu.be/vFIqA3Pdz4M?t=14s

《ダイジェスト》※更なるプッシュが求められます!
1. 社会福祉協議会の福祉バス「みどり号」廃止について
・市民団体の活動を停滞させない為に、市で補助施策を検討するべき。⇒ 年間500~800万円の財源が必要。すべてに対して補助することは、財政上中々難しい。他市の事例などを参考にして、慎重に検討が必要。

2.「もの」を大切にする事で、人を育む施策の推進を
・食べきり「3010運動」の推進を ⇒ 庁内で取り組んで行く。飲食店についてはできる事から行う。
・広告付きドギーパック(持ち帰り用パック)の配布を ⇒ ゴミになる事もあるので、研究したい。
・文房具など不要な学用品の回収を ⇒ 回収はできるが、基準や需要の調査が必要。
・フードドライブの拠点回収の頻度を増やせないか ⇒ 市は増やせればと考える。社協と協議をしたい。
・子ども食堂連絡会の立ち上げを ⇒ 社協の協力を得ながら、実施団体の声を聞いてみたい。

3. 玉川上水沿いの緑道整備活用の進捗について
ア)平右衛門橋と横断歩道までの緑道の拡幅を ⇒ 東京都教育庁に相談する。
イ)南側緑道のスロープを減らすべきではない ⇒ 今後も検討する。
ウ)誰もが歩きやすい緑道の検討状況について ⇒ 議論を進めている。

第二回定例会が開会

本日より、25日間の会期で、第二回定例会が開会しました。一般質問はすでにエントリーを終えておりまして、5日(火曜日)13時に登壇予定です。YouTubeでもご覧いただけますので、チェック頂ければ幸いです。

《通告内容》
1. 社会福祉協議会の福祉バス「みどり号」廃止の方針を受けて
ア)「みどり号」の利用実態と今後の方針について
イ)本事業の担ってきた役割について、市の見解を問う
ウ)市民団体の活動を停滞させない為に、市で補助施策を検討すべき

2.「もの」を大切にする事で、人を育む施策の推進を
ア)「3010運動」の推進と、広告付き持ち帰り用パックの配布を
イ)文房具など不要な学用品の回収を行い、必要な人に届けないか
ウ)拠点回収でのフードドライブの現状と課題について
エ)子ども食堂連絡会の立ち上げを

3. 玉川上水沿いの緑道整備活用の進捗について
ア)平右衛門橋と横断歩道までの緑道の拡幅を
イ)南側緑道と上水桜通りのスロープの検討状況について
ウ)誰もが、歩きやすい緑道の検討状況について

議会報告を開催しました。

議会報告を開催いたしました。

風の強い時間帯でしたが、50名ほどの皆さまにご参加を頂きました。ありがとうございます。今回のテーブルトークは委員会ごとに別れました、多様なご意見を頂きありがとうございました。次回に向けて更に工夫をして参ります。今、平行して議会だよりの紙面改革にも着手しています。よりわかりやすく、市民生活増進のお役に立てる議会を目指して努力します 事前に、党派を超え多くの議員と共に駅前でPRもさせて頂きました。

小金井市総合水防訓練が行われました。

野川第2調節池で行われた小金井市総合水防訓練に参加いたしました。朝早くから自治会防災会の方々も市内全域から集まられました。ご苦労様でございます。毎年行われる訓練ですが、消防団の方々のご協力もあり、毎回工夫を凝らした取り組みがあり、気づきが多い訓練です。機材などにも一度使っておくだけで、イザという時の対応が異なりますよね。より多くの方に触れて頂きたいものです。野川を使った訓練は少ないので、せめて何年かに一度は市内の別の場所で開催してもいいですよね。