小金井市議会議員 【 小林まさき オフィシャルサイト】

現場にまっさき「小林まさき (小林正樹)」のサイト

TEL.

070-6947-6078/〒184-0005 東京都小金井市桜町1-9-29-101

政治活動

政治学習会を開催

今夜は三浦のぶひろ参議院議員、松葉多美子都議を招いて「党員講座」を行いました。会場はほぼ満席。三浦議員は現在、参議院予算委員会・国土交通委員会に所属され、我らが党青年局長です。国における推進力であり歯止めである公明党の大きな役割について、また重要法案成立の真意などについてわかりやすく話を聞きました。都政報告としては、学校体育館の冷暖房に関する補助金の補正予算成立へに向けた公明党の働きと願いなどを聞きました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。また同時刻開催の会には顔も出せず申し訳ございませんでした。

市制施行60周年記念式典が盛大に

市制施行60周年記念式典が挙行され、山口なつお公明党代表(参議院議員)も来賓で参列いただき花を添えていただきました。名誉市民に黒井千次氏、毛利和子氏が選ばれたほか、市政功労者・市民功労者・技能功労者・各種委員永年表彰など含め400余名の市民の皆さまが表彰され稲葉前市長がご挨拶を述べられました。大変におめでとうございました。また、作詞:林望先生、作曲:信長貴富先生、深見麻悠子先生による小金井市歌「光さす野辺」「夢みる町」が誕生しお披露目がされました。緑中学校弦楽部の皆さんの記念演奏は会場からため息がでるような素晴らしいものでした。

私もありがたくも感謝状のご推薦を頂戴しましたが、党の規約によりご辞退いたしました。これからも皆さんが住んでいて良かったと思えるまちになるよう、更なる努力を続けて参ります。

「夏季議員研修会」に参加

本日は朝のご挨拶と健康診断を終え、公明党東京都本部による恒例の「夏季議員研修会」に参加。重要な中身をガッツリ頭と命に叩き込みました研修内容はフレイル予防と地域中小病院の役割について。今日の目からウロコ❗️「フレイル予防は人の繋がりが重要」(孤立して体力づくりを継続している方より、地域のコミュニティで継続して活動をしている方の方が健康という調査結果)。夜はタイミング良く、市医師会の地域包括ケアシステム懇談会に参加致します。待ったなしの課題ばかりです

LGBT(性的マイノリティ)の学び

先進的な取り組みをされている、渋谷区「男女平等・ダイバーシティセンター」さんを会派で視察させていただきました。渋谷区は2012年から取り組まれ、更には2016年に改訂した基本構想の中に「Diversity&Inclusion」(多様性と社会的包摂・抱含)を入れ、一体的な施策として取組んでいらっしゃいます。ある調査によれば本人が認識していないケースも含め1割近くいらっしゃるという状況の中で、ダイバーシティの観点からは本来全ての自治体がスタンダードで取り組むべき課題です。しかし、実際には社会や学校・会社はもちろんの事、役所や病院でも十分な理解が進んでいないのが現状です。「アライ(支援者)」を増やし可視化することから初めていかなくてはいけません。帰りの電車でタイミング良く興味深い中刷りを拝見しました。

都市農業について意見交換

二年目となった、「小金井市都市農政推進協議会」さんとの意見交換会。

限られた時間でしたが、充実した対話となりました。課題には真剣に取り組んで参ります。
今度は、地場野菜を頂きながら、ゆっくりとおこなえればと思います

夜は、大盛況のお祭り後のPTAによるパトロールに参加。声をかける対象の子は殆どいませ。みんな忙しいのかな。ちょっぴり寂しさすら感じる瞬間

 

 

「子ども食堂推進連絡会」がスタートしました!

先日の一般質問で提案させていただいた、「子ども食堂推進連絡会」が7月6日、小金井市社会福祉協議会を中心に、行政、4つの実施団体、1つの検討中の団体を加えてスタートいたしました。

全ての子ども食堂が一堂に会して情報交換できる事はもちろん、希望する団体には東京都から活動補助金を取得していただけるための前提になる連絡会です。担当の職員の方や、社会福祉協議会の皆様の迅速な御対応に感謝申し上げます。貧困に苦しむ子ども達はもちろんの事、顔の見える地域づくりの一助になればと考えます。

今後も、フードバング事業の拡充も推進しながら、「子ども食堂推進連絡会」の活動に注視して参りたいと思います。

介護の伴奏者は地域住民

午前中の会議を終えて、午後は党介護・医療対策本部第3回勉強会に参加しました。

  1. 「高齢者住宅でのみとりなど課題と対策について」
    高齢者住宅・銀木犀 株式会社シルバーウッド 代表取締役 下河原忠道 社長 
  2. 「在宅診療、訪問診療の課題と対策について」
    京都在宅療養支援診療所連絡会 新田國夫 会長

を講師にお迎えし貴重なお話を伺うことができました。


地域住民としての尊厳を第一とした高齢者住宅を取り上げた、カンブリア宮殿を視て衝撃を受け、こんなに早く下河原社長のお話を早く聴けるとは、嬉しい限りです。地域を含む在宅で看取りを行うことで、医療費の削減にも繋がりますが、なによりも尊厳ある最期という満足感を得られる事の素晴らしさ。小金井市でも活かせないか研究が必要です。

「通学路の安全総点検」等を要望しました。

市長・教育長に対し「通学路の安全総点検を求める要望書」を提出させていただきました。6月18日(月)朝、大阪府北部で震度6弱を観測した地震が発生し、大阪府高槻市で通学中の小学生が、小学校のブロック塀が倒れ下敷きになり亡くなるという悲惨な事故が起きました。小金井市においても早急な安全対策が求められる事から提出したものです。

要望書の内容は以下の項目です。

一. 全市立小中学校の通学路の老朽化した建物や塀等の総点検を実施すること
一. 全市立小中学校の非構造部材の耐震化を早急に完了させること
一. 路面下空洞化調査を加速させること
一. 総点検の結果において、課題がある箇所については、必要な予算措置をして、早急に対策を講じること

公共施設マネジメントの実践段階へ

朝から庁舎及び福祉会館等調査特別委員会で100億円規模の公共施設事業について慎重審議されております。市民生活にとって有益な議論となるよう、本日私は『財政問題としての公共施設マネジメント〜「総面積削減」発想からの転換』『行政改革としての公共施設マネジメント〜「拡充」から「縮充」へ機能ベースの施設再編成』について学んでおります。小金井市でもわかっているだけで、1497億円を超える建て替え予算が試算されています。議論を見えるように進めていく必要がありますね。

「第5回フォーラムこがねい」を開催いたしました。

小金井市医師会前会長/小金井市地域包括ケア担当理事である、斎藤寛和先生をお招きして、『第5回フォーラムこがねい「イキイキ生活いつまでも」- 住みなれた地域で安心して暮らしつづけるために –』を会場を満席にして開催させて戴きました。先生には話題のフレイル予防と在宅医療について、事例を交えてわかりやすく御講義いただきました。高齢化社会に向けて、小金井版地域包括ケアシステム構築のためこれからも精力的に取組んで参ります。