小金井市議会議員 【 小林まさき オフィシャルサイト】

「小林まさき (小林正樹)」の オフィシャルサイトです。

TEL.

070-6947-6078/〒184-0005 東京都小金井市桜町1-9-29-101

2009年度

平成22年第1回小金井市議会定例会

1 父子家庭の経済支援についての国の対応と小金井市の取り組み

昨今の経済状況の中で、父子家庭について市独自に格差是正の政策を行えないか。

⑴ 児童扶養手当と同水準の手当を支給するべきでないか

  • 昨今の経済状況の中で、父子家庭について市独自に格差是正の政策を行えないか。

答弁者 (子ども家庭部長) 難しい。

⑵ その他、母子家庭との「格差」の是正をどうするのか。

  • 父子相談、父子家族相談ができないか。

答弁者 (子ども家庭部長) 相談があれば受けているが、指摘の内容も含めてPRの方法を工夫する必要がある。

2 公民館の管理について

 ⑴ 公民館の利用者に対する安全対策を確認する

  • 安全対策、バリアフリー化は十分か。

答弁者 (生涯学習部長) 順次整備をしている。

⑵ 公民館の利用方法について

  • 妊婦等も利用できる、「おもいやり駐車場」を公民館に設置できないか。

答弁者 (生涯学習部長) 研究をしていきたい。駐車スペースへの表示はできる所は行いたい。

3 虐待について

⑴ 市内の高齢者虐待・児童虐待の実態について問う

⑵ 法的にも限界がある中で、事件に発展させないようにどこまできめ細かく手を尽くせるのか

⑶ 「匿名通報ダイヤル」の徹底と関係機関の連携強化をするべきでないか

平成21年第4回小金井市議会定例会

1 農業活性化による、小金井のまちづくりを考えないか

ハード面でのまちづくりが進む中で、小金井の特徴である「農業」にもっと光を当てた小金井らしいまちづくりを進めるべきではないか。

  ⑴ 小金井市食育推進計画に沿った生産者との関係は十分に連携がとれているのか その成果はどうか

 ⑵ 小金井市にとって農業を柱の産業として定めていくべきでないか

  • 市の財産とも言える小金井の農業の価値をどのように捉えているのか。

答弁者 (市長)  農業の果たす役割は大きいと考える。さらに活性化させていく必要があると思っている。

⑶ 駅前のまちづくりと農業との連携を常に意識をするべきでないか

  • 駅前のまちづくりと農業との連携を常に意識をするべきでないか。

答弁者 (市民部長)  コミュニティ広場を利用したイベント開催の可能性は十分検討に値すると考える。
駅前の朝市というのは大変よい提案だと思う関係者と連携し前向きに検討したい。
高架下を利用した直売所は是非実現をしていきたいと考えている。

2 庁内の情報セキュリティ対策について

  ⑴ 紙媒体のセキュリティは保たれているのか

答弁者 (総務部長)  文書管理規定第16条に基づいて再度、文書の適切な管理について職員に周知徹底したい。

  ⑵ 電子データの持ち出しについて十分なルールが設定されているのか

答弁者 (情報システム課長)  電子データの持ち出し方法に関しては、利用状況と安全性を確保する観点で、今後も新たな技術を都度検討していきたい。

平成21年第3回小金井市議会定例会

1 小金井市における消費者行政サービスの向上について

消費者問題が深刻化している現状から、国では消費者庁を発足させたが、小金井市においても現状の消費者行政サービスを向上させることができないか。

⑴ 小金井市の現行体制の見直し、消費者センターの設置を検討しないか

  • 「消費生活相談室」をもっと組織的に明確にして充実した形で「消費者センター」として設置できないか。

答弁者 (市民部長) 現在策定中の第4次基本構想基本計画の中で、行政全体の施策の一つとして整備を図ってまいりたい。

⑵ 相談員の継続的な講習参加や安定した雇用体制を整えないか

  • 非常勤職員である相談員の雇用を安定化することで、更に、スキルアップに力を入れられるのではないか。

答弁者 (市民部長) 現行の規定の中で、安定した相談体制の整備に努めて参りたい。

⑶ 窓口業務の拡充のために、駅前など、利用しやすい場所への窓口設置ができないか

2 市民への情報発信について

⑴ 教育機関や、行政機関で配布している資料や掲示物に対してユニバーサルデザイン、 特に色弱に対する十分な配慮ができているのか

答弁者 (学校教育部長)  改めて適切な指導の徹底を図りたい。

答弁者 (福祉保険部長)  質問を契機に色の認識に対する配慮を改めて行ないたい。

3 交通網の整備について

⑴ 他の交通機関との連携を意識したココバスルートの見直しを。特に医療機関や市民サービス施設に対して 利用しやすい交通網が整備されているのか

平成21年第2回小金井市議会定例会

1 小金井市における市民サービスの向上について

現行の市民サービスの周知徹底、公共施設の利用料の割引及び無料化を検討しないか

⑴ 現行の市民サービスの周知徹底の必要性

  • 現行の、健康・福祉・教育等に関する市民サービスについて、 十分なアピールを
  • 特に健康・福祉におけるサービスなど、個人の利益・不利益に関するサービスは、きめ細かな行政からの対応が必要不可欠

⑵ 公共利用施設の利用料金の割引・無料化の推進

  • 江戸東京建物園の利用料や、はけの森美術館の入館料の減額や無料化を、休日・祭日等、学生や小中学生への配慮
  • 小金井総合体育館を利用する市民に対して、小金井公園駐車場の割引措置をとってはどうか

2 市民のマナーについて

新しいまちづくりが進む中、住人の私たちも新たな気持ちで 生活していいくために、市民マナーの徹底を

⑴ 大人のマナーについて ・大人の児童教育に対して不適切な行動 (歩きタバコ、横断歩道の未使用等)について、更に徹底を

  • 飲食店等での完全な分煙の推進を

3 公立小中学校のICT化について

21年度補正予算の地方公共団体に積まれている「スクールニューディール構想推進」基金を活用して、公立小中学校におけるICT化の積極的な推進を

⑴ 公立小中学校のアナログテレビをデジタルテレビに置き換えをスムース進めるために

  • デジタルテレビの置き換え計画について、具体的なスケジュールを立てて進めて行くべき

答弁者 (学校教育部長) テレビに限らず、パソコンの買い替えを含め平成21年度9月度補正予算に向けて事業計画書を国へ提出し審査をしているところ。
地デジのアンテナ工事は年度内に工事が終わる計画で考えている。

⑵ 児童の見守りシステムについて

  • 児童(主に小学校低学年)や保護者に安心した、学校教育を受けてもらうために、登下校時の「見守りシステム」の導入を検討できないか

答弁者 (学校教育部長) 学校と連携して、PTA、保護者のニーズ等を十分に取り込んで検討していきたい。