小金井市議会議員 【 小林まさき オフィシャルサイト】

現場にまっさき「小林まさき (小林正樹)」のサイト

TEL.

070-6947-6078/〒184-0005 東京都小金井市桜町1-9-29-101

2012年度

平成25年第1回小金井市議会定例会

1 社会問題になっている体罰について

⑴ 体罰についての認識を問う。

熱意ある指導の延長であれば体罰は許されるのか。暴力で人は育つのか。勝利至上主義についてどう考えるのか教育委員会の認識は。 (さらに…)

平成24年第4回小金井市議会定例会

1 公園遊具の選定方法について

公園遊具全般について質問する。

⑴ 健康維持に役立つ、健康遊具の設置の充実は。

答弁者  (環境部長) 進んでいない。関係各部と調整をし調査研究をしたい。

⑵ 本町公園の滑り台の階段の改修を要望する。

本町公園の滑り台は手すりが無い六歳以上を対象年齢とした物が設置されている。特に公園利用の多い未就学児の利用を想定した場合、大変に危険な状態である。早急な安全対策を要望する。

答弁者  (市長) 現場を見て対応を考えたい。

2 高齢者インフルエンザ予防接種について

高齢者インフルエンザ予防接種公費助成制度の充実を求める。

⑴ 接種率の向上による医療費削減を図るため、接種期間の一月末まで延長を

答弁者 (福祉保健部長) 医療機関及び、11市で構成される予防接種対策協議会への提案を検討する。

⑵ 他市の医療機関での接種に対して公費助成を

答弁者 (福祉保健部長) 協議会内10市と府中市では現在も可能である。要望を受けホームページ等での周知をしていく。

3 通学路の安全対策について

⑴ 文科相で方針が示された、通学路安全対策アドバイザーの設置準備は進んでいるのか。

答弁者 (学校教育部長)具体的に把握していない。情報が得られ次第、円滑に推進していきたい。

平成24年第3回小金井市議会定例会

1 「いじめ」を根絶するために

中学生がいじめを苦に自殺したとされる事件がおき、その対応が日本中に大きな衝撃として伝わりました。「いじめの芽」を見逃さない社会を構築するために、まずは小金井市全体でいじめを根絶していくという課題に立ち向かっていく事が必要です。

⑴ 小金井版「いじめや虐待のないまち宣言」をしないか。

答弁者  (市長) 市が率先していじめ根絶宣言をすることは賛成する。

2 子どもを自然環境で遊ばせる広場事業について

子どもたちが自分の責任で自由に遊べる環境。通常の公園ではできないこの取り組みは、全国でも常設や非常設を合せても大きく広がり、公園利用の活性化や地域ぐるみの子育て支援の場として役割を広げている。

⑴ 常設型プレーパーク設置の予定は。

答弁者 (市長) 住宅地の中は難しいが、敵地を探す努力は必要、私も進めていきたいと考えている。

3 スマホの有効利用と安全対策について

⑴ エリアメールの導入を行わないか

対象エリアにいる人は申込不要、月額使用料、通信料は一切無料で、気象庁が配信する緊急地震速報・津波警報、地方公共団体が発信する災害・避難情報などを受信することができるエリアメールを導入しないか。

答弁者 (危機管理担当部長) 前向きに実施して参りたい。

⑵ 高齢者への利用促進と、見守り対策への活用は。

⑶ 地域経済活性化への活用は。

⑷ 利用中の事故対策を行わないか。

平成24年第2回小金井市議会定例会

1 生産緑地制度の見直しを進めるべき

平成22年に小金井市農業委員会が提出した建議書に加え、3月、東京都農業会議でも建議書が提出され、東京都では今後およそ10年後を見据えた計画として「東京農業振興プラン」が発表され、都市農業の位置づけ、存続意義を改めて見直していく機会となりました。

小金井市においても、緑比率が大きく減少するなか、その減少緑地の7割を農地が占めていることからも、災害時の避難場所等、農業利用以外の公共利用のためにも、「水と緑のまち小金井」の農地を保全する為の政策を自治体として示す事は、急務であることから、以下の点について要望しました。

⑴ 生産緑地の追加指定(再指定)の許可を要望する。

答弁者  (環境政策課長) 必要性と近隣市の状況調査を行い判断したい。

⑵ 複数買取申出の許可を要望する。

⑶ 面積要件の引き下げを要望する。

2 成人歯科検診を80歳まで行うべき

“80歳になっても20本以上自分の歯を保とう”という厚生省と 日本歯科医師会が提唱し、自治体、各種団体、企業、そして広く国民に呼びかけてきた運動。親知らずを除く28本 の歯のうち、少なくとも20本以上自分の歯があれば、 ほとんどの食物を噛みくだくことができ、 おいしい食事ができる、充実した食生活は健康の基本です。

⑴ 80歳で20本の歯を保つため、成人歯科検診を80歳まで延長を要望しました。

答弁者 (市長) 市民の健康維持の為に歯科衛生事業は重要。地域の歯科医師会等と話をし検討したい。

3 クールアースデーの実施を

「クールアース・デー(地球温暖化対策の日)」は、北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)が開幕した2008年に、公明党青年局が中心となって約6万8000人の署名簿を添えて直接、時の福田首相にクールアース・デーの創設を要望したのがはじまりです。今回、更なる節電が求められている中で、積極的な節電対策を要望しました。