ウォータースタンドが登場

マイボトルの利用を促進するため、視察や議会質問を通して要望して参りました、ボトルディスペンサー型給水機 (ウォータスタンド)が 遂に小金井市役所第二庁舎1階 市民課フロアー に設置されました。

市として、SDGsの目指す持続可能な社会の実現および本年1月に発出した「小金井市機構非常事態宣言」を踏まえ進める事業で、事業者と協定・連携をすることで設置費用は一切かかっておりません。

建設環境委員会で説明のあった4つの効果

  1. マイボトルの利用促進による廃棄物発生抑制の推進
  2. 市民・事業者・市職員の環境意識向上
  3. 市内の無料給水スポット拡大の基盤構築
  4. コロナ禍における行動変容対応

水道栓直結型のため常温タイプですので、電源不要のため電気代が掛からず、新たなCO2は発生しないので環境に負荷がかかりません。またマイボトルに対応しているため、コロナ禍でも安心して給水ができ、熱中症対策としてもご活用いただけます。フィルターにより、ミネラル分は残したまま、有害物質が除去されています。

更なる公共施設・民間事業者への広がりを大いに期待いたします。

ご来庁の際には是非ご利用下さい。

市議会だよりから抜粋