小金井市議会議員 【 小林まさき オフィシャルサイト】

現場にまっさき「小林まさき (小林正樹)」のサイト

TEL.

070-6947-6078/〒184-0005 東京都小金井市桜町1-9-29-101

議会運営委員会行政視察報告 (2016.08.01-08.02)

議会運営委員会行政視察報告 (2016.08.01-08.02)

一日目

  • テーマ/場所: 「議会改革」について 東京都所沢市
  • 期間:2016/08/01(1日)
  • 視察内容:


所沢市のマスコットキャラクターの「トコろん」と所沢市議会のマスコットである「みみ丸」が出迎えをしてくれました。

様々議会を取り巻く課題が起こる中で、1年間の集中議論で、平成21年3月に議会基本条例が施行されました。また広聴の大切さを重点においた、広聴広報委員会がつくられています。委員会は協議の場ではありますが、議会運営委員会で議論される広報広聴に関連する部分の議論を行ったり、予算を付け視察なども行ったり積極的に取り組まれています。
ICT化の取組については、単に議論を繰り返すのではなく、作業部会を行い、基本計画を定め、決議をし、予算要求をするといった様に、段階的に着実にステップを踏んで進めている事は大変に参考になりました。作業の効率化はもちろんの事、今後、ここでも市民参加を行う仕組みが組み込めないか検討をされているとの事でした。

大きな特徴として、常設の審議会を立ち上げ実施する「議会事業評価」「議会改革評価」があります。また議会報告会は勿論の事、ワールドカフェ形式の「みみ丸議会カフェ」や議場コンサートを行うなど更に取り組みをされておりました。

  • 所感

小金井市議会でも議会基本条例を検討している期間中、陳情などの後押しもあり並行して広報委員会が立ち上がりましたが、その際「広聴」を入れるか否かで議論になった事を思い出しました。ちなみに私は、(ニーズに合った広報を行うには)広聴があっての広報であると主張しましたが、課題量などが議論になり、全体が一致できる広報委員会となりました。今回、所沢市さんの視察を終え、改めて広聴の大事さを再認識する機会となりました。

DSC_0678 DSC_0681DSC_0682

二日目

    • テーマ/場所: 「議会改革の検証」について 岩手県久慈市
    • 期間:2016/08/02 (1日)
    • 視察内容:

ドラマ「あまちゃん」で有名な久慈市。久慈市議会は正副議長および正副委員長の選出に係る所信表明を行っています。これ事態も珍しい取り組みなのですが、目的とするところは決定後の議会運営の中で、議員全体で議会の方針(選出された議長の所信内容)を達成しようと四年間取り組んでいるところにあります。小金井市議会において、充実していない部分であり、行政ができない部分での政策提言を積極的に行う事が、市民に応えていく事ができるポイントだと思いました。

久慈市議会では市民の声に耳を傾けるための、所沢市議会の「みみ丸議会カフェ」も参考にしたワールドカフェ形式の市民の無作為抽出による「かだって会議」を実施しています。またICT化については、ペーパーレスを目指す事が大目的ではなく、議員がICTを理解せずして、ICTに関わる議論ができないという事や情報共有を目的としており大変にわかりやすかった。その上で、議員全員がタブレットを政務活動費(通信費は半額負担)で購入し積極的に活用をされている。

  • 所感

視察のご説明を議会事務局職員さんに行っていただいたのですが、単なる説明員ということではなく、議長をはじめとする議会と一体となって議会改革の方向性について検討し取り組まれている様子が大変に印象的でした。議会事務局の規模縮小に関するご提案などが市民の方からもございますが、必要な体制をとる事の重要性を感じた。そのためには勿論、議会が市民生活向上の為にどのようなアウトプットを出せるかということが必須となる。本市にとっても、視察を参考にどんな取り組みができるのか検討したいです。
DSC_0718 DSC_0719 DSC_0713

« »